« VW1000ESの後継機種が発表される! | トップページ | PS4予約開始。ネットでは瞬殺。店舗は普通に予約できたみたい »

2013年10月 1日 (火)

CEATECで4K 有機ELテレビが公開される

【CEATEC 2013】ソニー、56型4K有機ELテレビ日本で初公開

ソニーブースではIFA 2013でも展示した、56型4K(3,840×2,160ドット)対応有機ELテレビを参考展示。今年1月のCESでも展示していたものだが、日本では初披露となる。パネル自体の仕様は、CES/IFAから変更は無く、高精細映像を実現する酸化物半導体TFTと、有機EL発光層の光を効率良く取り出すという独自の「スーパートップエミッション」方式を組み合わせているのが特徴。

黒い壁に設置しており、黒の沈み込みの深さによる、独特の立体感のある有機ELならではの画質が体感できるようになっている。

絶対に見るぜ!!!

パナソニックの印刷方式有機ELテレビにも期待したい。
【CEATEC 2013】有機ELやVIERAで「4K World」訴求するパナソニック

4K Worldと題したブースの中央には4Kシアターを配置。その中で展示しているのが、IFAでも紹介していた55型/3,860×2,160ドットの4K有機ELディスプレイだ。日本では初公開となる。

独自のRGBオール印刷方式を採用した、有機ELディスプレイ。具体的な製品展開については未定だが、年初のCESの時よりは量産に近いモデルとなっているとのこと。高い色再現性やコントラスト比の高さなどが特徴で、厚さは8.9mm。製造は国内で行なっている。

ところで、麻倉さんによると、ソニーの有機ELテレビの仕組みについて、白色有機ELパネルにカラーフィルターを組み合わせた方式を採用していると仰っていますが、おそらく勘違いされているじゃないかな。もし白色有機EL方式なら、高い光効率を引き出すのに極めて大変です。つまり効率が悪い方式です。

そもそもソニーがスーパートップエミッション(STE)方式を採用していると公式に言及しております。STE方式とはソニー自身が解説しております。RGB 有機EL発光層にカラーフィルターを組み合わせるのが特徴です。ただし、今回のソニー開発の有機ELテレビパネルは単なるRGB 有機ELパネルではない話もあるそうです。西川氏の記事が詳しいです。




西川氏の記事によると、スーパーハイブリッド有機EL方式を採用している可能性が高いと言及している。

ソニーはスーパーハイブリッド有機EL方式

ソニーの4K有機ELディスプレイは、印刷技術と真空蒸着を組み合わせたハイブリッド型形成方式を採用している。

印刷技術で形成しても問題ないとされる赤色発光層と緑色発光層の形成に印刷技術を用い、印刷で形成すると発光効率や寿命の面で難がある青色については青色共通層として蒸着技術を用いて形成している。

まあ、パナソニックのオール印刷方式が量産化段階になってきた話もあるようで、おそらくソニーも、オール印刷方式を全面的に採用する可能性があるかなと思っています。多分、ソニー独自開発方式は業務用モニター用途のみに使われる可能性が高いかもしれません。せっかく開発していたものは捨てるのはもったいないからね。画質的には最高みたいですし

|

« VW1000ESの後継機種が発表される! | トップページ | PS4予約開始。ネットでは瞬殺。店舗は普通に予約できたみたい »

有機EL」カテゴリの記事

4K」カテゴリの記事

コメント

価格はいくらになるんでしょうかねぇ・・・
スーパープレミアで150万くらい?50万くらいじゃないと手がでない。
PS4を海外購入を画策中、北米は売り切れてから予約切れっぱなし、イギリス及びEUは予約は受け付けているが為替換算で価格が高いw(一応予約はしたけど)
SONYはホリデーシーズン中の購入希望者には全員いきわたらせるといっているが果たして・・・

投稿: yoshi | 2013年10月 1日 (火) 23時47分

>>yoshiさん

>スーパープレミアで150万くらい?50万くらいじゃないと手がでない。

初期あたりは50万じゃ無理でしょうね・・・・(苦笑)

現在55型4K液晶は40万円台と考えると厳しいですね。

>SONYはホリデーシーズン中の購入希望者には全員いきわたらせるといっているが果たして・・・

気になりますね。2013年度は500万台を出荷する予定であるが、ホリデーシーズンじゃ十分需要を満たせるか気になりますね。

投稿: mkubo | 2013年10月 2日 (水) 02時45分

私も、有機ELテレビ欲しいですね。
やはり、液晶は好きになれなくて…

少し大きいですが(4Kだとこの位大きくないと恩恵がないのでしょうけど)、価格が70万円くらいなら手を出せますが
100万円台ではさすがにムリですねw

そう言えば、もう一つの期待のLEDテレビはどうなったのでしょうね?

投稿: Powerman | 2013年10月 2日 (水) 09時38分

>SONYはホリデーシーズン中の購入希望者には全員いきわたらせるといっているが果たして・・・

横田とか嘉手納とか米軍基地内のショッピングモールにはゲームの販売コーナーもあるので、PS4も本国と同じ時期に販売されると思います。

投稿: ミルク32 | 2013年10月 2日 (水) 11時56分

>ミルク32さん
調べたら軍属とその家族じゃないと買い物できないみたいですね、でも実際PS4が発売日に売っているものでしょうかねぇ。
あれば羨ましいとしか言えませんが。

投稿: | 2013年10月 2日 (水) 20時18分

>>powermanさん

>そう言えば、もう一つの期待のLEDテレビはどうなったのでしょうね?

多分4K化のために研究されているじゃないかな。あるいは低コスト化を図るための研究しているとか。

4Kは800万画素なので、LED1個あたり1円だと800万円になりますので・・・0.1円にしても、80万円・・・ その問題をクリアしないと、市販化は難しいかもしれません。

投稿: mkubo | 2013年10月 3日 (木) 00時42分

>>ミルク32さん

>横田とか嘉手納とか米軍基地内のショッピングモールにはゲームの販売コーナーもあるので、PS4も本国と同じ時期に販売されると思います。

なるほど、その手はありましたか。実はある用件で某基地に通っています。詳しいことは書けませんが、一応コネはあります。軍人か家族に頼めるほどあまり親しくなってませんが・・

軍人の家族による英会話スクールがありますので、講師と仲良くする方法もありますが、金かかりますね・・・

僕としては現実的な手段を持っていませんので、その手は無理ですね・・

まあ何とか頼めても、北米版の発売日にPS4の在庫はあるかどうか。

投稿: mkubo | 2013年10月 3日 (木) 00時52分

>4Kは800万画素なので、LED19個あたり1円だと800万円になりますので・・・0.1円にしても、80万円・・・ その問題をクリアしないと、市販化は難しいかもしれません。

RGBでx3倍に・・・

有機ELの次と言われているMEMSというのもあるそうですね。
ttp://eetimes.jp/ee/articles/1309/30/news103.html
これはシャープですがSonyも十年以上前から研究しているみたいです(特許も押さえている?)

投稿: yoshi | 2013年10月 3日 (木) 23時08分

>>yoshiさん


>RGBでx3倍に・・

あ、それを計算するのを忘れましたw


当初は2Kで十分という雰囲気はあったんですが、有機ELも4K化を実現していますので、4K化を実現しない限り、厳しいかもしれませんね・・

>有機ELの次と言われているMEMSというのもあるそうですね。

DLPと同じ技術が使われていますので、個人的に気になっています。ただカラーブレーキングもあるので、まだ発展途上というところですね。

>これはシャープですがSonyも十年以上前から研究しているみたいです(特許も押さえている?)

プロジェクタ関連MEMSデバイスを研究していましたからね。GLVだったかな。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20020611/sony2.htm

投稿: mkubo | 2013年10月 4日 (金) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CEATECで4K 有機ELテレビが公開される:

« VW1000ESの後継機種が発表される! | トップページ | PS4予約開始。ネットでは瞬殺。店舗は普通に予約できたみたい »